ゴルフの基本、ルールとマナーを知ろう!

スポンサードリンク

ゴルフのペナルティ(罰則) 2罰打、競技失格

◆ティーグラウンドで邪魔になる木を切った(2罰打)
ゴルフ場のティーグラウンドでは、地面の不整箇所を直すことは認められていますが、スイングの邪魔になる木の枝を折ることは認められていません。

◆ゴルフのラウンド中に後続組から球を打ち込まれて打ち返した場合(2罰打)
ゴルフのラウンド中に、後続組から球を打ち込まれて、腹を立てた競技者がその球を打ち返した場合、公正の理念に従って一般の罰則として2罰打が付加されます。

◆プレー中に同伴競技者に自分の球からグリーンまでの距離を聞いた場合(2罰打)
ゴルフのプレー中に、自分の球からグリーンまでの残りの距離を自分のキャディ以外に聞くことは出来ません。
ただし、樹木、バンカーなどの定置物からの距離は”公知の事実”なので誰からでも聞くことが出来ます。

◆クラブを忘れたので取りに戻りプレーを遅らせた場合(2罰打)
ティーグラウンドにクラブを忘れて、次のティーから取りに戻るなどして、プレーを不当に遅らせてはならないことになっています。

◆ゴルフバッグの中にクラブを15本以上入れたままスタートした場合(2罰打)
ゴルフバッグの中のクラブは14本が限度であり、クラブを15本以上入れたままスタートすると違反のあった各ホールに対し2罰打が科されます。
ただし、3ホール以上であっても1ラウンド中では4罰打が最高限度になります。

◆ラウンド中に他人のゴルフクラブを使用した場合(2罰打)
ゴルフのラウンド中に、プレーヤーの使用クラブはあらかじめ選んだクラブ(14本)に限定されています。たとえ間違って他人のクラブを使用したとしても、上記の15本以上と同様2罰打になります。

◆ラウンド中に同伴競技者の許可を得て他人のクラブを使用した場合(2罰打)
ゴルフのラウンド中は、14本に満たないクラブを持ってスタートした場合、または損傷したクラブを取り替える場合でも、そのコースでプレーしている他のプレーヤーのクラブを借りてはいけません。

◆ラウンド中バックスイングの時に枝に当たり枝が折れたのでスイングを中断した場合(2罰打)
ゴルフのラウンド中にバックスイングの途中でクラブが枝に当たって枝が折れたのでスイングを中断した場合でも、バックスイングはストロークの為の後方への動きと認められず意図するスイングの区域を改善したことになるので2罰打になります。

◆打つ前に球のすぐ後ろを踏みつけた場合(2罰打)
ゴルフのラウンド中、打つ前に球の前後の露を払いのけたり、草を抜いたり、球のすぐ後ろを踏みつけたりした場合、ライの改善またはスイングの区域の改善となるので2罰打になります。

◆打つ前に同伴競技者に使用クラブを聞いたり教えたりした時(2罰打)
ゴルフでは、アドバイスを求めることも与えることも違反であり、教えた方も2罰打になります。
アドバイスを求めてよいのは自分のキャディだけであることに注意しましょう。

◆ラウンド中に誤球をプレーしてOBになった場合(2罰打)
ゴルフのラウンド中に誤球をプレーした場合、ストローク数はカウントしないのでOBの罰打はつきません。
2罰打は誤球のプレーの罰則です。改めて正球をプレーし直さないと競技失格になります。

◆ゴルフでスタートに遅れた時(競技失格)
ゴルフはたとえ打順に間に合っても、委員会の決めた時間にはその組の競技者全員がプレー出来る状態で揃っていなければなりません。
競技失格の罰を免除する正当な事情がない限り競技失格となります。

◆ゴルフクラブのグリップにテープやひもなどで指を固定する(競技失格)
ゴルフの正規のラウンド中は、人工の機器や用具の使用は禁じられています。
握力を補うためのひもやテープを使うことも許されていません。

◆ゴルフのラウンド中に球を暖める(競技失格)
ゴルフのラウンド中に、球を暖めるために人工の機器を使用することは禁じられています。
人工の器具を使うことは違反となり競技失格となります。

スポンサードリンク
ゴルフの基本 TOPへ ゴルフのペナルティ(罰則) ゴルフのペナルティ(罰則) 2罰打、競技失格