ゴルフの基本、ルールとマナーを知ろう!

スポンサードリンク

ゴルフのペナルティ(罰則) 無罰 その2

◆ラウンド中に自分の球か確認したい場合(無罰)
ゴルフのラウンド中、マーカーまたは同伴競技者に確認のため拾い上げる旨を告げた後、球の位置をマークした上で、その球を拾い上げたり調べる事が出来ます。

◆カート道路上に球が止まった場合(無罰)
ゴルフのラウンド中、カート道路上にある球は、動かせない障害物からの救済を受けられるので無罰です。

◆バンカーでボールが完全に埋まってしまった時(無罰)
バンカーの砂の中に完全にボールが埋まってしまった場合、無罰でボールの一部が見える程度に砂を取り除くことができます。

◆気付かずにホールインワンしたとき (無罰)
打ったボールが見つからないので紛失球として打ち直したが、実はホールインワンだった場合、最初にボールがホールに入った時点でこのホールのプレーが終了しているので、紛失球を打った分はカウントしなくてよいので無罰です。

◆バンカー内に置いてあった砂ならし機を動かしたら球も動いた場合(無罰)
バンカー内に落ちたボールが、バンカー内に置いてあった砂ならし機にくっついていた場合、砂ならし機は「動かせる障害物」として扱われるので、取り除いてもペナルティは加算されません。
砂ならし機を動かしたらボールも動いてしまっても無罰ですが、ボールは元の位置にリプレースしなければなりませんので注意しましょう。

◆スイングで木の枝が折れてしまったとき(無罰)
木の下でのスイング中にクラブが木の枝に当たって折れてしまった場合、固定物や生長物を折ったり曲げたりすることは禁止されているが、ボールを打つ動作中にクラブが当たって折れてしまった場合は無罰です。
しかし、枝を折ってそこでスイングを止めてしまうと2打罰となります。

◆ハザードの位置を教えた時(無罰)
ゴルフにおいてハザードの位置やグリーン上の旗竿の位置などは「公知の事実」とされ、聞いたり教えたりすることはアドバイスではないので無罰です。

◆ショートホールで同伴競技者のバッグの中を覗く(無罰)
ゴルフでは、のぞく行為は単なる観察であり許されます。アドバイスを求めた場合は2罰打になります。

◆ゴルフのプレー中に打順を間違えて打った時(無罰)
ゴルフのストロークプレーでは、エチケットに違反しますが打順を間違えても罰はありません。そのままプレーを続けてください。

◆ゴルフのプレー中に時間節約の為順番を変えてティショットを打った時(無罰)
これも上記同様、時間節約の為、合意の上で順番を変えてティーショットしても罰はありません。

◆ゴルフのプレー中に素振りをしたら、うっかりクラブヘッドが触れて球が転がった時(無罰)
ゴルフのプレー中に、球を打つ意思がなく練習スイング(素振り)をして、うっかりクラブヘッドが触れて球が転がった場合は、罰則なしで再度打つことが出来ます。

スポンサードリンク
ゴルフの基本 TOPへ ゴルフのペナルティ(罰則) ゴルフのペナルティ(罰則) 無罰 その2