ゴルフの基本、ルールとマナーを知ろう!

スポンサードリンク

ゴルフのペナルティ(罰則) 無罰 その1

◆ティーアップするために土を盛り上げた上に球を置いた場合(無罰)
ゴルフでティーイング(ティーアップ)する時に、ティーペッグを使わずに地面を盛り上げたり、砂を盛ったりした上に球を置いても罰則は特にありません。通常はそんなことをする人はいませんが。。。

◆空振りして球がティーペッグから落ちた場合(無罰)
ゴルフでは空振りでもストロークを行ったとみなされます。
その球は空振りの時点でインプレーとなり、球の止まった位置からプレーしなければなりません。
罰則はありませんが、空振りでも1打とみなし、次打は第2打となります。

◆スタート前にクラブのヘッドに鉛を貼った場合(無罰)
ゴルフにおいて、朝のスターティング・ホールでティーショットを打つ前に、ヘッドに鉛を貼る事は性能を変更することになるが、ラウンドに入る前に行う場合は問題ありません。
ただし、ラウンド中は鉛を貼ることも剥すことも禁じられており、これに違反すると競技失格となります。

◆ゴルフのプレー中にクラブのシャフトを修理しようとしていたらシャフトが折れてしまった場合(無罰)
通常のゴルフのプレー中に損傷したクラブを、プレーヤーはラウンド中に修理することも、させることも認められています。
修理しようとして例えばシャフトが折れてしまった場合なども、通常のプレー中に生じたものとして修理したり他のクラブと取り替えることは認められています。

◆ゴルフのラウンド中に同伴競技者から球を借りてプレーした場合(無罰)
ゴルフのプレー中に、他のプレーヤーからクラブを借りることは禁じられていますが、球や手袋などの用具を他のプレーヤーから借りることは禁じられていません。

◆同伴競技者の球を自分のキャディが拾い上げた場合(無罰)
ゴルフでは、自分のキャディは同伴競技者にとって局外者なので、球を前位置にリプレースしてプレーを続行します。
ただし、そのキャディが共有のキャディの場合、同伴競技者に1罰打を付加します。

◆球がコース内を走っている作業車などに乗ってそのまま行ってしまった場合(無罰)
ゴルフでコース内を走っている作業車などに球が乗ってそのまま行ってしまった場合は、球が乗ったと思われる所に、別の球をドロップしてスタートします。
この場合、マーカー又は同伴競技者の立会いの上で球をドロップします。

◆打った球がセルフカートを引いている同伴競技者のバッグに当たった場合(無罰)
打った球が同伴競技者のバッグに当たった場合、同伴競技者のバッグは局外者なので、それに当てても罰はなく、球が止まった位置からプレーを続けます。

◆ひび割れた球を別の球と交換した場合(無罰)
ゴルフのラウンド中、プレー中に生じた傷の場合、マーカーまたは同伴競技者に自分の意思を告げてひび割れた球を別の球に交換する事が出来ます。
その場合球を位置をマークした上でその球を拾い上げたり調べる事が出来ます。

スポンサードリンク
ゴルフの基本 TOPへ ゴルフのペナルティ(罰則) ゴルフのペナルティ(罰則) 無罰 その1