ゴルフの基本、ルールとマナーを知ろう!

スポンサードリンク

ゴルフのマナー1

◆ゴルフ場の入場時のマナー
ゴルフ場(クラブハウス)に入る時は、だらしない服装や態度、サンダル履きなどは絶対にダメです。
昔は基本的には上着はブレザーと決まっていました。
こういうだらしない行為は今まではクラブに対する侮辱と見なされてきましたが、最近では結構大目に見ているゴルフ場も多く、今一度自分の服装などを見直してみるのも良いでしょう。
ゴルフは紳士のスポーツなのです。

◆ゴルフの素振りのマナー
ゴルフでウォーミングアップなど素振りをする場合、人がいる方向には絶対クラブを振ってはいけません。
土などが飛ぶ可能性もありますし、最悪クラブやクラブヘッドが抜けて飛んでいくこともあります。
(練習場では、たまにクラブヘッドが飛んでいく人を見かけます)
大変失礼で危険な行為です。

◆ゴルフの名札のマナー
ゴルフ場では、他人のクラブと間違えない為にも、キャディバッグには必ず名札を付けるのが礼儀です。
もし名前を付け忘れた場合は、玄関付近に用意してあるので係員に渡す前に必ず名札を付けましょう。

◆ゴルフ場でのタバコ
ゴルフ場では、灰皿のある所以外では禁煙です。
また、タバコを吸いながらのプレーは厳禁です。
基本的にスポーツですので、タバコは吸わないほうが良いのは言うまでもありません。
男子のプロトーナメントでは、タバコを吸っているプロがテレビに映ることがありますが、個人的にはあまり気持ちの良いものではありませんね。

◆スロープレー
ゴルフ場のコースで一番困るのは、スロープレーヤーです。キャディや同伴者を一番困らせるのがスロープレーヤーと言われています。みんなが迷惑するので、ペースを合わせましょう。

◆マークのマナー
ゴルフでは、マーカーはホールに対して球の直後に置くべきとされています。
ホールに対して球の左側や右側に置いても反則にはなりませんが、マナーとしてはよくないと言われています。
また球の直前に置くことも規則の上では反則にはなりませんが、地面を押さえたりすれば球のラインに手を加えたとみなされ2罰打が科される恐れもあります。

スポンサードリンク
ゴルフの基本 TOPへ ゴルフのマナー ゴルフのマナー1