ゴルフの基本、ルールとマナーを知ろう!

スポンサードリンク

ゴルフクラブの種類

◆1番ウッド
ゴルフの1番ウッドは、一般的にドライバーと呼ばれ一番飛距離が出るクラブです。
主にショートホールを除くティーショット(第2打目)に使いますが、最近は横峰さくら選手のようにフェアウェイから第2打目にドライバーを使うプロもいます。

◆2番ウッド
ゴルフの2番ウッドは、ブラッシーと呼ばれるクラブですが、一般的にはあまり使われていないようです。
アマチュアゴルファーでもこのブラッシーという呼び名を知らない方は結構多くいます。
世界ではこのクラブを使いこなすプロもいます。

◆3番ウッド
3番ウッドはスプーンと呼ばれているメジャーなクラブです。ゴルフセットを買うときにも大抵は一緒に入っています。
主に第2打以降のフェアウエイから打つためのクラブですが、ティーショットにも良く使われます。

◆4番ウッド
一般的に4番ウッドはバフィーと呼ばれているクラブです。
スプーンよりコントロールしやすいと言われていますが、最近ではユーティリティクラブ(後に説明)の出現であまり使われなくなりました。

◆5番ウッド
ゴルフの5番ウッドはクリークと呼ばれ、ロングアイアン並みの飛距離が出ます。
ロングアイアンより打ちやすいので、ユーティリティクラブの登場までは良く使われていました。

◆ユーティリティクラブ
近年登場してきたクラブで、アイアンとウッドの中間の形状をしています。
ロングアイアンよりも簡単ですので、3,4番アイアンなどが苦手なゴルファーは、最初からユーティリティークラブをセッティグしているようです。
ロングアイアンでは弾道が高くならないゴルファーでも、このクラブを使えば高弾道でピンを狙うことが出来ます。スライスしにくいのも支持される理由の一つでしょう。

◆1番アイアン、2番アイアン
1番アイアンはドライビングアイアンと呼ばれていて、その名のとおり飛距離の出るクラブですが、使いこなしが難しく、プロでも最近ではあまり使わなくなっています。

◆3番アイアン
3番アイアンは、多くのクラブセットに最初から入っていますが、多くの人が使いこなせない難しいクラブです。
何を隠そう、私もこのクラブはほとんど使いませんので、ピカピカなままです(^^;
また、ユーティリティクラブの登場で、ますます使われなくなりました。

◆4番アイアン、5番アイアン、6番アイアン
俗に言うミドルアイアンですが、ほどほどに難しく、少し慣れた人には使いやすいクラブ。
一般的に5番アイアンを中心にしている人も多いですが、私の場合は6番アイアンを良く使います。

◆7番アイアン、8番アイアン、9番アイアン
俗に言うショートアイアンです。
7番アイアンから練習を始めるアマチュアゴルファーも多いようですね。
アプローチ等にも良く使いますので、最低でも使いこなしておきたいクラブです。

◆ピッチングウエッジ、サンドウエッジ
ピッチングウエッジは主にグリーン周りの寄せに使われます。
サンドウエッジは主にバンカーショットに使われますが、アプローチの時に使うことも多いクラブです。
アプローチ時にはピタリと止まる打球を打ちたいものですね。

◆パター
グリーン上、もしくはグリーン周りで使用する転がすことが専門のクラブ。
このクラブの出来次第でスコアが決まる!?

スポンサードリンク
ゴルフの基本 TOPへ ゴルフクラブ ゴルフクラブの種類